■ 北海道機械工業会 会員紹介 ■

株式会社菅製作所

■所属支部:函館支部  ■業種分類:生産用機械

会社概要

1)研究開発支援機器
北海道で唯一、真空装置等の研究開発支援機器を設計から販売まで一貫したサービスで提供している企業です。当社の得意とする真空技術はナノテクノロジーを支える要素の一つで、その技術を生かし研究開発の現場で使用される研究開発支援機器を設計・製造・販売しています。
2)動力伝達装置
動力伝達装置においては各種生産装置及び船舶用のクラッチ、ブレーキと油圧漁労機械を含め総合的に関連機器の設計製作、販売を行っています。

■ 〒049-0101 北斗市追分3-2-2   ■ TEL:050-3734-0730   ■ FAX:050-3734-0731
■ E-mail:sales@suga.ne.jp   ■ URL:http://www.suga.ne.jp/

代表者 代表取締役社長  菅 育正 営業窓口 営業部 部長 今渕 春男 
創立年月日 昭和43年12月6日  資本金 3,400万円 従業員数 31人

日刊工業新聞への掲載
平成29年5月10日 グローブボックスで外気遮断 スパッタ装置
平成29年1月24日 卓上型ALD装置 粉体成膜 真空内で均等に

主要製品・加工内容

1)研究開発支援機器
 ALD装置、蒸着装置(有機EL開発用、高真空タイプ、超高真空タイプ)、スパッタ装置(DC、RF各種)、熱処理炉(縦型、横型、反応炉材質等各種)、
 放電プラズマ焼結機(5トン/1000A〜)
2)動力伝達装置
 船舶用クラッチ、産業用クラッチ/ブレーキ(エアー仕様、電磁仕様等各種)、各種駆動装置、
 漁撈機械(油圧クレーン、揚網機、揚縄機、キャプスタン等各種)、ローターシール/回転継手(空気、水、油用/通路 1〜4)  

技術的特長

超高真空技術の応用による研究開発用装置の設計製作、各種クラッチを主体とした動力伝導装置の設計製作、防錆性、堅牢性を重視した漁労機械の設計製作

主な技術者・技能者資格名等

普通旋盤1級、2級技能士 4人 フライス盤1級、2級技能士 2人 機械組立仕上2級技能士 4人
職業訓練指導員 3人 機械設計技術者3級 1人     

ページトップへ

保有する機械設備

加工法 機械設備名等 能力型式等 台数
旋削 普通旋盤 振り450〜920 芯間1000〜2500 10
NC旋盤 振り380 芯間600 1
フライス削 立型マシニングセンター テーブル移動距離1020×520×560 1
フライス盤 テーブル移動距離(最大850×350×500)他 3
穴あけ ラジアルボール盤 穴明け能力φ52 1
直立ボール盤 穴明け能力φ40 1
研削 同筒研削盤 最大径φ150 最大長さ600〜1000 2
平面研削盤 テーブル移動距離557×327×300 1
中ぐり 横中ぐり盤 主軸径φ75 1
NC横中ぐり盤 主軸径Φ110 1
立削 立削り盤 最大ストローク150 1
設備 準クリーン組立室 2
超音波洗浄機 2
ヘリウムリークディテクタ 定量測定範囲 10−12〜10−2Pa・m3/S 2
ブラスト装置 1

ページトップへ

主要取引先

北海道大学、SPSシンテックス(株)、キヤノンアネルバ(株)、(株)シンク、(株)ALSテクノロジー

官公庁の指定

北海道庁、国立各大学校

官公庁工事実績等

北海道大学(有機推積物走査分析装置、 顕微鏡用XYZ自動ステ―ジ)、室蘭工業大学(高真空チャンバー)、
北海道大学(超高真空スパッタ装置、超高真空蒸着装置、高温真空加熱炉)、北海道大学(ALD装置)